建物が建った土地を売る場合の解体費用は誰が負担する?

土地売却をしたいときには、いろいろなケースがあると思いますが、土地だけを売りたいけど、すでに建物が土地の上に立っている場合もあるでしょう。
その場合には土地だけを売っても、買った人は好きに使えません。
さて、どうしたら良いでしょうか?取り壊すことになると思いますが、その費用はどうなるのでしょうか?誰が負担するのでしょうか?
一見すると、その建物を建てた側の売主が負担するように思えるかもしれませんが、必ずしもそうではないのです。
これははっきり言ってケースバイケースで、買い手が見つかった場合にその人と話し合ってどうするか?決めるという場合もありますし、取り壊しをして、それにかかった費用を売値に加えて販売するということもできます。
だから、建物がすでに建ってしまっている場合には、それを取り壊す必要がありますが、その費用は買う側に払ってもらうことも可能です。
これは駆け引きの問題でもあって、その土地が絶対に欲しければ、建物の解体費用を払ってでも買いたいという方もいるかもしれません。
逆に土地を売る側が強気に出て、解体費用も出して欲しいとか、売値に加えて高くしたりすると、買い手がつかなくなる可能性もあります。
だから、解体費用を含めて、いくらで売り出すか?解体費用を自分で出すか?相手に出してもらうか?といったことは、事前じ決めてから売り出しても良いですが、買い手が見つかってから改めて話し合って決めても良いので、それは覚えておきましょう。

●おすすめサイト
土地売却で300万円も損をしない方法とは?ネット査定で高く売る

たくさんの不動産屋が密集する春日部が驚く

驚くことに、不動産屋の店舗がその通りに5つも6つもあるのが驚く春日部です。春日部と言えば郊外には大きな一軒屋がたくさん並びます。賃貸もとっても環境が良い場所に建つのです。

そんな春日部の大通りには、その不動産屋が実に8つ前後もあるんです。しかも隣がたった4mほどしか離れていないなんていう距離にあるのですから驚くところです。

そんな不動産屋で好きなのが、三井のリハウスですね。ここは店の外観がとっても癒されます。とっても広々としている玄関で、横に幅広いんです。そういったところがとても入りやすいでね。しかもここの不動産屋の宣伝が好きです。

昔から若い女子が宣伝に出てきます。女子高生が多いんですが、そこが何だか懐かしい気分になるんです。そして、女性の美しい声で「三井のリハウス~」と気持ち良く歌う声がとても耳に焼きつくんですね。

今でもそんな声が耳に残ります。赤い看板に白い色で三井のリハウスと書かれているのがとても印象的ですね。

そんな不動産屋も、今では交通費が貰えるところがあるのが驚きます。その物件の内見をしに行くと、貰えるそうです。1,000円ほどが貰えることが多く、ますます行きやすくなりますね。

本当に色々な不動産屋があるんですが、どこが良いかと悩んだ時には、比較サイトを利用しています。どんなサービスがあり、どんな物件を主に得意としているかなどを比較してみるんです。そういったサイトなら、そんなところもすぐに検索できて便利です。